不動産実務検定ブログ

2022/09/28

『オンリーワン物件を目指そう』<後編>

みなさん、こんばんは。
京都支部の辻村竣です。

今日は、前回に続き
「オンリーワン物件を作って満室経営をする」
お話をしたいと思います。

▼▼▼▼

前回の内容はこちらから!

▲▲▲▲


まずデザイナーを起用してマンション全体を
米国カリフォルニアにある某ホテルに
似た外観にしました。

特に第一印象となるエントランスは大切なので、

陶器タイル張り床、オートロックのガラス扉、
植栽を施したエントランス・ホールを作りました。

その他、
共用部としてカフェ、ジム、ゲストルームを新設しました。

カフェは自ら運営しています。

食品衛生をはじめ、コーヒーやワインの資格を取得し、
飲み物やお食事も提供し、好評を頂いています。

日常とは異なる空間で入居者さんとお話しをしたり、

物件を内見に来られた入居希望者や
不動産仲介営業担当者も交えて

和気あいあいとした雰囲気を作ることで、
成約率も上がっていると思います。

工事業者さんとの打ち合わせや
契約などもカフェで行っています。

さらにカフェでは定期的に
音楽イベントも実施していますので、

外部から来られたお客さんが
マンションの入居者になる、

ということもよくあります。

また賃貸物件の一部を改装して
ゲストルームにしています。

民泊として活用しているほか、
入居者さんの親御さんが来られた時などにも
利用して頂いています。

ゲストルームに宿泊いただいた翌朝は
カフェで朝食をサービスすることで、
コミュニケーションも深まります。

また、年に一度、全館消防点検実施日の午後に、
入居者さんたちとエントランス・ホールで
BBQパーティーを実施しています!

(近年はコロナの営業で中止しましたが、
 徐々に再開予定です)

入居者さん同士がお知り合いになったり、
子供たちが仲良くなって走り回ったりもしています。

他にも色々あるのですが、、

このように、
どこにでもあるようなマンションを
オンリーワン物件にすることにより、

私たちのマンションは常に満室を維持しています。

さらに入居者さんに
気に入って頂いているおかげで、

退去も少なく入居期間も比較的長くなっています。


今後は、自分達も含めて老若男女が
長く楽しく暮らせるマンションを
作っていきたいと思っています。


人生100年、高齢化社会です。


これからは全てのマンションが
「高齢者住宅」になるのでは、

と思っています。

高齢者に対するサポートも含めて
豊かな暮らしを提供していきたいです。

私、辻村竣の不動産実務検定認定講座は、
オンラインで毎週1時間ずつ、
ゆっくり、じっくり実施しています。

マンション内のカフェやゲストルームから
配信しています。

是非、オンラインで受講にお越しください。




🌟J-REC  京都支部 辻村竣 講師
https://www.j-rec.or.jp/koushi/show/101

🏡辻村のマンションHP
http://www.crescent3339.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule