不動産実務検定ブログ

2021/10/24

『本当に大借金をして不動産投資をする必要がありますか?』

こんにちは、J-REC理事の西山雄一です。


私は、よく、


「これから不動産投資に取り組みたい」


という方から質問を受けることがあります。



そんな時に、私が1番はじめに聞くことが、
 

「何のために不動産投資をするんですか?」


ということです。



そうすると、多くの人が、


「給料の他に収入が欲しいから」


と返答してきます。



次に、


「給料以外に、毎月いくら欲しいんですか?」


と、あらためて聞くと、多くの方が、


「30万円〜50万円くらいです」


という返答をしてきます。


これくらいの金額が、イメージしやすいようですね。



そして次に、


「自己資金はいくらお持ちですか?」
 

と聞くと、十分な自己資金を用意している人は、10%もいません。


ということは、


「毎月30〜50万円のお金を得るために不動産投資をしたいけれど、
 自己資金がないので、金融機関から大借金をして、不動産を購入したい」


と言っているのと同義なんですね。

 

これ、やりますか?



私なら、絶対にやりませんね。



30万円〜50万円程度の不労所得であれば、
不動産以外のストックビジネスで十分に可能です。



大借金をする必要もないし、
時間とともにメンテナンス費用がかかる物件を所有する必要もありません。



「では、不動産投資は無駄なのか?」


というと、決してそんなことはありません。


私自身もメリットを感じているからこそ、不動産投資に取り組んでいます。



・レバレッジが効く

・物件が資産計上できる

・もともと所有している土地を活用することによって、売却することなくお金にできる




このようなメリットを感じています。

 

冒頭でお話ししたような、


「毎月30万円〜50万円のお金が欲しい」


というだけの、単純な話であれば、不動産投資はやりません。



不動産投資というのは、
 

「目的を達成するための手段」


です。



しかし、そのことを理解しないで、


「不動産を購入すること」


そのものが、目的になってしまっている人が本当に多いです。



「自分は何を得たいのか?」
「そのために、何をすれば良いのか?」


このように考えた上で、


「不動産投資が有効である」


との結論が出てから、実際に取り組まれるとこをおすすめします。





▼西山 雄一 講師
https://www.j-rec.or.jp/koushi/show/116


不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 
不動産の基礎から詳しく学べます!

 
ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule