不動産実務検定ブログ

2022/09/28

『45歳からでもはじめられる世界へようこそ』<第3回>



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!


全6回シリーズではじまりました

 

「45歳からでも始められる
  不動産投資必勝ステップ」



▼ 「45歳からでもはじめられる
     世界へようこそ」<第1回>
  https://www.j-rec.or.jp/blog/730


▼ 「45歳からでもはじめられる
       世界へようこそ」<第2回>
  https://www.j-rec.or.jp/blog/733



第3回目の今回は、


「体系的にというのはどういう意味か」


からスタートしたいと思います。


まずは、


その不動産投資全体の基本を3つに分けて、

 

◎ 購入まで

◎ 保有

◎ 売却



という3つのフェーズにわけます。


そして、購入するまでで
80%が決まってしまうので


この購入するまでのスキルが80%の
ウエイトを占めていると考えて下さい。


なので、


間違った物件を間違った方法で
大きな借金をして買ってしまうと、

 

もぉー、にっちもさっちもいかない!



ということになってしまいます。


なので、


買うまでの知識に80%の労力をかけて
知識を吸収するということが重要です。



それから、


保有と売却に関してはそれぞれ10%ぐらいの
ウエイト割合になるかなと思います。


次に、


自分の属性を客観的に省みて


しっかり自分の現状のステージを
確認した上で目標を作っていく



ということになります。


プロファイルですが、
45歳前後というと中年ですよね。


自分も中年と呼ばれる年代になったとは
思いたくありませんが現実です(泣)



そんな中年の年代は例えばどういった
プロファイルになるかというと、


会社に勤めていれば管理職で
時間はそこそこある。


給料もだいたい
年収500万円~1,000ぐらい。


大抵は住宅ローンを抱えているケースが
多いんじゃないかなと思います。


子供1~2人分ぐらいの教育費が
まだまだかかる。


ただ、子供の手間はかからないので
時間はだいぶ余裕があるというような


年代ではないかなと思います。


ただ、最近は50代~40代中盤に
リストラの危機が迫っているということが


取り沙汰されることが多いです。


けれども!


だんだんリストラの年代が低くなってきていて
リストラの不安を抱えている人は


少なくないんじゃないかなと思います。


このようにまず客観的に自分を省みてみて
その上で目標を設定することが重要です。



当然一言でいうと大きなリスクは
負うことができないというのが


45歳前後のプロファイルだと思います。


今回はここまでです。


次回もぜひお付き合いくださいね♪


---------------------------------------------------


不動産実務検定は

「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

不動産の基礎から詳しく学べます!

ぜひ、ご受講下さいね!


▼ 受付中の講座はこちらから!
https://www.j-rec.or.jp/schedule



お申込心からお待ちしております♪


一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂